それでも僕たちは「濃厚接触」を続ける!

それでも僕たちは「濃厚接触」を続ける!

世界の感触を取り戻すために

広瀬浩二郎 著
定価:本体1,500円(税別)
未刊
B6判
162ページ
2020年10月27日刊行予定
ISBN:9784909782069


■以下のファイルをダウンロードできます■



ご注文について

・ご注文は、最寄りの書店・ネット書店へどうぞ
・小さ子社/リトルズ Webショップで直接ご注文いただくこともできます
・クレジットカード、コンビニでの後払い、代金引換がご利用できます
【注文する】(別サイトへとびます)

書店様へ

・小さ子社の本は、取次・鍬谷書店(くわたにしょてん)を通して、各取次会社(トーハン、日販、 楽天ブックスネットワークなど)へ出荷します
・全て注文扱いで委託配本はありません。
・返品条件付きの出荷が可能です。
・上記から注文書をダウンロードできます。

ネット書店で買う
書店店頭在庫を調べる
図書館等の蔵書を調べる

■内容紹介■

 

世界よ、さわることを忘れるな――
新型コロナウイルスの出現は、いやおうなく、世界に「さわる」ことの意味を問いかける。
このまま人々は「さわる」ことを忘れるのか、それとも新たな「さわるマナー」を創出できるのか。

「濃厚接触」による「さわる展示」・「ユニバーサル・ミュージアム」の伝道師として全国・海外を訪ね歩いてきた全盲の触文化研究者が、コロナ時代の「濃厚接触」の意義を問い直す。
2020年5月~7月に小さ子社のweb上で連載された内容に大幅加筆。
さらに、2020年に国立民族学博物館の企画展で、さわって楽しめるように展示される予定だった民博所蔵の世界の資料60点を、紙上展示「世界の感触」としてカラー掲載。

■目次■

 

はじめに―さわる文化と新型肺炎

第一部 写真集「 さわる世界旅行」
 1 人生にさわる六つの手
 2 紙上展示「 世界の感触」
〔コラム1〕バードカービング-世界をさわるツールとして

第二部 「ユニバーサル・ミュージアム」への道
 第1章 海外出張は体外出張なり
〔コラム2 〕ボイス・コンタクト-感じて動く読書法
 第2章「生き方=行き方」の探究
〔コラム3〕写真を移す人
 第3章「禍を転じて福と為す」 新たな博物館構想

おわりに―ポストコロナの特別展に向けて

関連ブログ記事