中世村落の文書と宮座書影
中世村落の文書と宮座書影1 中世村落の文書と宮座書影2

中世村落の文書と宮座

薗部寿樹 著
定価:本体13,000円(税別)
在庫あり
A5判・上製本
564頁
初版発行年月2023年1月12日
ISBN:9784909782175

「ためし読み」ができます!

本書の序文をご覧いただけます。 「ためし読み」を音声読み上げソフトで聞いていただくためのテキストファイルをこちらからダウンロードできます
■テキストデータ提供のお知らせ
視覚障害、肢体不自由、発達障害などの理由で本書の文字へのアクセスが困難な方の利用に供する目的に限り、本書をご購入いただいた方に、本書のテキストデータを提供いたします。
ご希望の方は、本書最終ページのテキストデータ引換券を切り取って(コピー不可)、お申し込みください。
詳細は本書奥付をご覧ください。

■公共図書館、大学図書館その他公共機関(以下、図書館)の方へ
図書館がテキストデータ引換券を添えてテキストデータを請求いただいた場合も、図書館に対して、テキストデータを提供いたします。 そのデータは、視覚障害などの理由で本書の文字へのアクセスが困難な方の利用に供する目的に限り、貸出などの形で図書館が利用に供していただいて構いません。





ご注文について

・ご注文は、最寄りの書店・ネット書店へどうぞ
・小さ子社/リトルズ Webショップで直接ご注文いただくこともできます
・クレジットカードがご利用できます
【注文する】(別サイトへとびます)

書店様へ

・小さ子社の本は、取次・鍬谷書店(くわたにしょてん)を通して、各取次会社(トーハン、日販、 楽天ブックスネットワークなど)へ出荷します
・全て注文扱いで委託配本はありません。
・返品条件付きの出荷が可能です。
BookCellarから注文できます。
・直販対応します。本体価格合計2000円以上は無料配送します(買切)。
・直販の場合、委託も応相談。
・発注・相談先:info@chiisago.jp tel075-708-6834 fax075-708-6839

■内容紹介■

 

史料を博捜し、村落文書・地下文書と中世村落の祭祀・運営組織である村落宮座とを関連付けて論じることで、中世村落の姿とその類型を明らかにする壮大な研究。
村落内部文書の希少性と村落類型・宮座類型との関連について検討し、小領主(地侍・土豪)の作成した地下内部文書により運営される名主座村落こそが、中世村落の大多数を占める一般的な村落形態であったことを示す。

■目次■

 

序章 本書の目的と構成
 第一節 村落文書
 第二節 村落宮座
 第三節 村落神話と宮座儀礼

第一部 村落文書

第一章 村落定書の諸相
 第一節 紀伊国林家文書の村落定書
 第二節 村落定書による生活規制

第二章 売券と地域社会
 第一節 丹波国
 第二節 近江国・和泉国

第三章 中世村人の署判
 第一節 略押と筆印
 第二節 木印署判と木印印鑑
 第三節 「署判する場」の重要性

第二部 村落宮座

第四章 宮座と家
 第一節 中世前期の宮座と家
 第二節 中世後期の宮座と家
 第三節 中近世移行期の宮座と家
 第四節 近世の宮座と家

第五章 名主座の諸相
 第一節 丹波国葛野荘の名主座
 第二節 肥後国海東郷の名主座
 第三節 南海道の名主座

第六章 小領主と宮座
 第一節 畿内
 第二節 南九州
 第三節 東国

第三部 村落神話と宮座儀礼

第七章 村落神話の諸相
 第一節 中世村落の草創神話
 第二節 近江国河上荘の宮座と村落神話
 第三節 近江国の村落神話

第八章 宮座の歩射儀礼
 第一節 結鎮とその起源
 第二節 歩射儀礼の伝播と拡がり
 第三節 西の百手・東のオビシャ

第九章 宮座の唐菓子神饌
 第一節 唐菓子から神饌へ
 第二節 宮座神饌としてのブト・マガリ
 第三節 ブト・マガリ系神饌の展開と沓形餅・牛の舌餅

終章 村落内部文書と名主座村落
 第一節 村落内部文書の諸相
 第二節 村落内部文書成立の状況分析
 第三節 村落内部文書成立の趨勢
 第四節 名主座村落

関連ブログ記事