境目の戦国時代書影
境目の戦国時代書影1 境目の戦国時代書影2 境目の戦国時代書影3 境目の戦国時代書影4

境目の戦国時代

上杉・武田・北条のはざまを生き抜いた人びと

大貫 茂紀 著
定価:本体2,300円(税別)
未刊
四六判並製本
256頁
2022年7月10日刊行予定
ISBN:9784909782151

「ためし読み」ができます!

本書のプロローグをご覧いただけます。 「ためし読み」を音声読み上げソフトで聞いていただくためのテキストファイルをこちらからダウンロードできます
電子版も同時刊行で準備中



■以下のファイルをダウンロードできます■



ご注文について

・ご注文は、最寄りの書店・ネット書店へどうぞ
・小さ子社/リトルズ Webショップで直接ご注文いただくこともできます
・クレジットカードがご利用できます
【注文する】(別サイトへとびます)

書店様へ

・小さ子社の本は、取次・鍬谷書店(くわたにしょてん)を通して、各取次会社(トーハン、日販、 楽天ブックスネットワークなど)へ出荷します
・全て注文扱いで委託配本はありません。
・返品条件付きの出荷が可能です。
・上記から注文書をダウンロードできます。
BookCellarから注文できます。
・直販対応します。本体価格合計2000円以上は無料配送します(買切)。
・直販の場合、委託も応相談。
・発注・相談先:info@chiisago.jp tel075-708-6834 fax075-708-6839

ネット書店で買う
書店店頭在庫を調べる
図書館等の蔵書を調べる

■内容紹介■

 

戦国時代、大名の「領土」は、一本の線でくっきりと線引きされ、地図上に色分けして示されるようなものではなく、支配地域の周縁部には帰属があいまいな領域=「境目(さかいめ)」が広がっていた。

そこは人やモノや情報が行き交い、市が開かれる開放的な場であった。境目の領主や住人は、あらゆる情報を手に入れ、分析し、有利な方に味方しながら、戦国の世を生き延びてきた。大名もまた、境目の領主や住人を如何に味方として引き入れるかに腐心してきた。

従来の戦国史研究では、境目が一定の空間的広がりをもつことは忘れられがちであり、一部の様相がつまみ食い的に論じられてきた。本書は、境目そのものにあえて注目し、その内部の具体的な様相をみていくことで、戦国社会の別の一面を描き出す。

■目次■

 

プロローグ ―境目とは何か―


1 前近代の境界


2 中世日本の境界―外浜と鬼界島


3 戦国大名の分国意識と境目


4 本書のねらい


5 本書の構成


本書の舞台全体図/ 東上野地域図/ 沼田・上田荘地域図/ 千国道筋地域図


年表



第Ⅰ部 境目の社会と民衆



第一章 境目とはどのような場か


1 開かれた境目


2 境目の住人たち


3 境目の領主たち


4 関所の役割



第二章 戦乱のなかを生き抜く


1 流動する戦乱時の境目


2 境目の人質慣行


3 大名による境目への負担軽減策


4 境目の城と街道整備



第Ⅱ部 戦国大名のはざまで生き抜いた領主たち



第一章 国境の管轄者


1 上杉軍の「越山」


2 上田荘の人びと



第二章 「根利通」をめぐる領主たちの攻防


1 上杉謙信期の小川可遊斎


2 根利関所


3 越相同盟と「根利通」



第三章 小川可遊斎の活躍


1 北条氏政期の可遊斎


2 真田昌幸による可遊斎の調略


3 武田勝頼期の可遊斎



第四章 境目の消滅


1 阿久沢氏と北条氏


2 越後における可遊斎の活動


3 上杉氏会津転封後の栗林氏


4 武田氏滅亡後の安曇郡



エピローグ


1 境目の戦国社会と民衆


2 境目領主と戦国大名


3 戦国時代の終わりと境目のその後

関連ブログ記事