自然・生業・自然観書影

自然・生業・自然観

琵琶湖の地域環境史

橋本 道範 編
定価:本体4,500円(税別)
在庫あり
A5判・並製本
456ページ
初版発行年月2022年4月25日
ISBN:9784909782090

「ためし読み」ができます!

本書の「はじめに」をご覧いただけます。 「ためし読み」を音声読み上げソフトで聞いていただくためのテキストファイルをこちらからダウンロードできます
■テキストデータ提供のお知らせ
視覚障害、肢体不自由、発達障害などの理由で本書の文字へのアクセスが困難な方の利用に供する目的に限り、本書をご購入いただいた方に、本書のテキストデータを提供いたします。
ご希望の方は、本書最終ページのテキストデータ引換券を切り取って(コピー不可)、お申し込みください。
詳細は本書奥付をご覧ください。

■公共図書館、大学図書館その他公共機関(以下、図書館)の方へ
図書館がテキストデータ引換券を添えてテキストデータを請求いただいた場合も、図書館に対して、テキストデータを提供いたします。 そのデータは、視覚障害などの理由で本書の文字へのアクセスが困難な方の利用に供する目的に限り、貸出などの形で図書館が利用に供していただいて構いません。



■以下のファイルをダウンロードできます■



ご注文について

・ご注文は、最寄りの書店・ネット書店へどうぞ
・小さ子社/リトルズ Webショップで直接ご注文いただくこともできます
・クレジットカードがご利用できます
【注文する】(別サイトへとびます)

書店様へ

・小さ子社の本は、取次・鍬谷書店(くわたにしょてん)を通して、各取次会社(トーハン、日販、 楽天ブックスネットワークなど)へ出荷します
・全て注文扱いで委託配本はありません。
・返品条件付きの出荷が可能です。
・上記から注文書をダウンロードできます。
BookCellarから注文できます。
・直販対応します。本体価格合計2000円以上は無料配送します(買切)。
・直販の場合、委託も応相談。
・発注・相談先:info@chiisago.jp tel075-708-6834 fax075-708-6839

■内容紹介■

 

自然に対する人間の観念(自然観)の本質はどのようなものであり、それはどのような原理で転換しているのだろうか――。
文理の枠を超えた多分野の研究者が、「生業」と「自然観」を軸に、1万1700年前の完新世以降、現代までの琵琶湖地域を対象に、自然と人間の関係を描き出す総合研究。
巨大地震、気候変動、資源の枯渇、そして地域の急激な人口減少に見舞われる現代日本に、新しい自然観の創造のための「地域環境史」を提起する。

■目次■

 

はじめに(橋本道範)


第1部 自然と自然観


第1章 繰り返された平安時代の近江地震 ― 地震の神・南海トラフ大地震・近畿東北部大地震―(保立道久)


第2章 幕末期における琵琶湖周辺の植生景観 ―「琵琶湖真景図」と「琵琶湖眺望真景図」を主な資料として―(小椋純一)


第3章 近代琵琶湖漁業の漁獲量の長期的な変遷 ― 人々は琵琶湖で何を採ってきたか―(藤岡康弘)


第4章 琵琶湖のヨシ(葭)地をめぐる近世人の自然観(東幸代)


第5章 森林を介した地域住民とカワウとの歴史的関係の地域差(亀田佳代子・藤井弘章・牧野厚史・前迫ゆり)


第2部 「ムラ」と自然観


第6章 先史社会における環境利用の稠密化 ― 社会規模からの推定―(瀬口眞司)


第7章 琵琶湖・淀川水系における中世漁撈について ― 御厨を中心に―(苅米一志)


第8章 近世人の水と土へのまなざし ― 湖岸村落を事例に―(鎌谷かおる)


第9章 中世惣村今堀郷の資源利用と自然観 ― 集落のなかの森づくり―(春田直紀)


第10章 日吉系祭礼にみられる自然観(市川秀之)


第11章 カヤネズミの生息環境と半自然草地に対する意識と管理(中村(澤邊)久美子)


終 章 自然・生業・自然観 ― 琵琶湖の地域環境史―(橋本道範)

関連ブログ記事