noimagehttps://www.chiisago.jp/images/9784909782120a.jpg

戦後日本の文化運動と歴史叙述

地域のなかの国民的歴史学運動

高田雅士 著
定価:本体4,800円(税別)
未刊
A5判・上製本
292ページ
2022年1月15日刊行予定
ISBN:9784909782120
■テキストデータ提供のお知らせ
視覚障害、肢体不自由、発達障害などの理由で本書の文字へのアクセスが困難な方の利用に供する目的に限り、本書をご購入いただいた方に、本書のテキストデータを提供いたします。
ご希望の方は、本書最終ページのテキストデータ引換券を切り取って(コピー不可)、お申し込みください。
詳細は本書奥付をご覧ください。

■公共図書館、大学図書館その他公共機関(以下、図書館)の方へ
図書館様がテキストデータ引換券を添えてテキストデータを請求いただいた場合も、図書館様に対して、テキストデータを提供いたします。 そのデータは、視覚障害などの理由で本書の文字へのアクセスが困難な方の利用に供する目的に限り、貸出などの形で図書館様が利用に供していただいて構いません。





ご注文について

・ご注文は、最寄りの書店・ネット書店へどうぞ
・小さ子社/リトルズ Webショップで直接ご注文いただくこともできます
・クレジットカードがご利用できます
【注文する】(別サイトへとびます)

書店様へ

・小さ子社の本は、取次・鍬谷書店(くわたにしょてん)を通して、各取次会社(トーハン、日販、 楽天ブックスネットワークなど)へ出荷します
・全て注文扱いで委託配本はありません。
・返品条件付きの出荷が可能です。
・上記から注文書をダウンロードできます。
BookCellarから注文できます。
・直販対応します。本体価格合計2000円以上は無料配送します(買切)。
・直販の場合、委託も応相談。
・発注・相談先:info@chiisago.jp tel075-708-6834 fax075-708-6839

ネット書店で買う
書店店頭在庫を調べる
図書館等の蔵書を調べる

■内容紹介■

 

「国民的歴史学運動」は忌まわしき過去の悪夢なのか?
地域に生きる人びとの側から、具体的な運動のありようを明らかにし、そこで生み出された歴史叙述から戦後日本史象を問い直す――。

敗戦直後に歴史研究者の石母田正が、民衆自身の手で「村の歴史・工場の歴史」を主体的に書いていくことを呼びかけはじまった「国民的歴史学運動」。1950年代に入って歴史学界を中心に大きな盛り上がりをみせたが、1955年の日本共産党の政治方針・文化政策の方向転換をきっかけに運動は「挫折」し、「傷痕として封印」されたとされる。今では、歴史学が政治に従属した悪しきエピソードとしてわずかばかり言及されるのが一般的である。
本書は、地域に生きる人びとが主体的な歴史意識を形成していくうえで、国民的歴史学運動の経験はどのような意味を持ったのかを明らかにする。京都府南部や奈良を主たるフィールドに、地域に残された新資料を掘り起こし、聞き取りなどの手法も駆使して探究。さらに、人びとの「その後」のあゆみにも目を向け、地域社会の変容と関わらせながら、彼らがどのように新たな運動に取り組んでいったのかをとりあげることで、国民的歴史学運動の有した意義をあらためて地域や人びとの側からとらえ返す。

■目次■

 

序 章 問題の所在と本書の視角


第一節 研究史における本書の位置づけ


(1)一九五〇年代の文化運動に関する先行研究


(2)国民的歴史学運動はどのように語られてきたのか


第二節 本書の視角と分析の方法


第三節 本書の構成


第一章 地方における国民的歴史学運動の展開 ―民主主義科学者協会地方支部の動向から


第一節 民科の全国的展開と歴史部会の取り組み


(1)民科地方支部の設立過程


(2)民科歴史部会と『歴史評論』


第二節 国民的歴史学運動の地域的展開


(1)国民的歴史学運動の進展と地方支部への波及


(2)民科地方支部による地域へのアプローチ


第三節 人びとにとっての国民的歴史学運動経験


(1)労働者による国民的歴史学運動―民科大阪支部歴史部会の経験から


(2)国民的歴史学運動の終焉


小括


第二章 地方における国民的歴史学運動指導者の実践 


第一節 奈良における戦後文化運動の出発―奥田修三の戦時・戦後経験


(1)戦時経験


(2)敗戦から文化運動へ


第二節 民科奈良支部歴史部会による国民的歴史学運動


(1)民科奈良支部歴史部会の結成と初期の活動


(2)紙芝居「土の唄」作成の経緯


第三節 人びとの主体の「発見」


(1)「「母の歴史」を書こう」という提唱


(2)民科奈良支部による運動の終焉


第四節 国民的歴史学運動の「深層部分」への接近


小括


第三章 地域青年層の戦後意識と国民的歴史学運動 ―城南郷土史研究会を対象として


第一節 一九五〇年代前半の上狛町政と地域青年団運動


(1)上狛町政の動揺から再建へ


(2)地域青年層の戦後意識


第二節 城南郷土史研究会の結成


(1)中津川保一と敬朗


(2)地域の歴史との出会い


(3)研究会の結成へ


第三節 地域の歴史を書く担い手への成長


(1)研究テーマの拡張


(2)南山城水害・台風一三号災害への取り組みと民科京都支部への違和感


(3)「共同研究 山城国一揆」の完成から一度目の休会へ


小括


第四章 地域における歴史叙述 ―一九五三年の南山城水害・台風一三号災害をめぐって


第一節 一九五〇年代の南山城地域


第二節 城南郷土史研究会による水害調査と報告書の作成


第三節 大西康允による『南山城水害誌』の作成


(1)大西康允の経歴と『南山城水害誌』


(2)『南山城水害誌』完成までの道程 133


小括


第五章 国民的歴史学運動から歴史教育へ ―加藤文三の運動経験と教育実践を対象として


第一節 マルクス主義歴史研究者たちとの出会い


第二節 国民的歴史学運動のなかへ


第三節 教師としての「青春時代」―二砂中への赴任


第四節 教育をめぐる環境の変化


第五節 運動の回顧へ


小括


第六章 国民的歴史学運動のゆくえ ―地域における運動の継承と変容


第一節 ポスト高度成長期の地域における歴史をめぐる運動


(1)住民運動をとおした歴史学習と人びとの自己変革


(2)歴史教育の立場からの国民的歴史学運動再評価


第二節 城南郷土史研究会の再出発


(1)第二期の概要


(2)座談会「文化財保護の運動をどうすすめるか」の開催


第三節 山城国一揆五〇〇年をめぐる取り組み


(1)大型開発の進展と歴史学習運動


(2)山城国一揆五〇〇年に際して開催された集会


小括


終 章 総括と展望


第一節 国民的歴史学運動の評価をめぐって


第二節 戦後日本の文化運動と歴史叙述

関連ブログ記事